メインコンテンツにスキップ
You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

機能

Autopilotは、ブロック単位でボットを迅速に設計、構築、トレーニングすることが可能です。ボットに機械学習と自然言語理解システムを組み込み、音声、SMS、WhatsApp、Facebook Messengerなどに実装することができます。

通話サービスの設計・構築

Tasks

Tasksでは、ボットの行動を定義・設計します。ボットに指示を与え、顧客が目的を達成し必要な結果を得られるようにします。

Actions

Actionsを使ってTasksに指示を与えます。Actionsは、ボットに指定した内容を発声、収集、記憶、聞き取り、引き継ぎ、表示させるためのJSON構文です。

詳細はこちら

JSON
{
  "actions": [
    {
      "say": "Okay let’s change your flight."
    },
    {
      "collect": {
        "name": "get_new_flight_info",
        "questions": [
          {
            "question": "What is your booking confirmation number?",
            "name": "confirmation_number",
            "type": "Twilio.ALPHANUMERIC"
          },
          {
            "question": "Thanks, and what airport are you flying from?",
            "name": "departure_airport",
            "type": "Custom.AIRPORT"
          },
          {
            "question": "Awesome, last question. What date do you want to change your departure too?",
            "name": "new_departure_date",
            "type": "Twilio.DATE"
          }
        ],
        "on_complete": {
          "redirect": "task;//change_flight_time"
        }
      }
    }
  ]
}
            

Autopilotが実行するルーティーンタスクには、ユーザーによるフライト変更のアシストなどがあります。

標準機能を利用して、ボットを簡単に構築

自動音声認識

音声をテキストに変換してAutopilotのNLUエンジンに送信。Autopilot搭載のASRが会話から学習し、音声認識の精度を高めます。

Fields

名前、数字、日付など、一般的なデータタイプをユーザーの会話から抽出。カスタムデータタイプを作成すると、ビジネスに関連する特定の情報を検出できます。

Memory

顧客から収集したデータを保存。顧客の要望に関するメタデータをキャッシュし、複数チャネルの通話に使用できます。

JSON
{
  "collected_data": {
    "get_new_flight_info": {
      "answers": {
        "confirmation_number": {
          "answer": "ZXY9879",
          "filled": true,
          "type": "Twilio.ALPHANUMERIC",
          "confirmed": true,
          "attempts": 1
        },
        "departure_airport": {
          "answer": "Oakland",
          "filled": true,
          "type": "Custom.AIRPORT",
          "confirmed": true,
          "attempts": 1
        },
        "new_departure_date": {
          "answer": "2019-08-27",
          "filled": true,
          "type": "Twilio.DATE",
          "confirmed": true,
          "attempts": 1
        }
      },
      "date_completed": "2019-07-03T22:59:42Z",
      "date_started": "2019-07-03T21:54:15Z",
      "status": "complete"
      }
    }
  }
}
            

Autopilotはデータを収集し、データタイプを認識して、会話で使用する情報を保存できます。

会話を分析、情報を付加して活用

アノテーションツール

顧客の会話内のフィールドにアノテーション(注釈)を付けて、ボットが実行するタスクの一部として定義します。

会話分析

Autopilotのパフォーマンスを常時モニタリング・分析。発言の始まりと終わり、タスクが発生したタイミング、収集したデータを特定します。

トレーニングワークフロー

サンプルとフィールド値を使用して、TasksとFieldsをトレーニングします。これにより、ボットの精度と効率を向上させます。

幅広いチャネルに対応

顧客の属性や履歴を含めて会話を伝送

顧客情報、顧客が任意に提供したデータ、チャネルのセンチメントスコアなど、会話の文脈を含めて、ボットから担当者に通話を転送します。

"Omnichannel Hub"

多彩なシステム連携機能を搭載。音声、SMS、チャット、WhatsApp、Facebook Messengerなどに対応しています。独自のカスタムチャネルも追加可能です。

コンテンツの変換

ボットの応対を、チャネルに最適な形式に自動変換します。