メインコンテンツにスキップ
You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →
Twilio Lookup API

Lookup APIが提供するデータを利用して安全な体験を構築

Lookup APIは、電話のインテリジェンスデータを信頼性の高いインタラクションに変えます。ユーザー入力を必要としないシームレスなオンボーディングやエンゲージメントを可能にし、配信性の向上とリスクの軽減を実現してください。

Lookup APIを利用した消費者の認証と安全な体験を表したイラスト。

BokuのMobile Identity事業がTwilio傘下に

事業Twilioは、Boku Mobile Identityを傘下に収めました。シームレスな顧客ID 1つでオンボーディングソリューションを構築します。
Boku認証を利用し、Twilioエンゲージメントは他に類を見ないセキュリティとパフォーマンスを実現します。

Illustration of authenticating consumer and secure experiences using Lookup API.

エンゲージメントの検証、保護、最適化を
単一APIで

Lookup APIは、リアルタイムの電話データを使用し、顧客関係におけるセキュリティをシームレスに強化します。これが、顧客対応や配信率の改善、リスクの特定、不正行為の阻止につながります。また、Twilio VerifyやProgrammable Messagingなどと統合すると、エンゲージメントソリューションがクラス最高レベルのセキュリティで強化されます。

メリット

セキュリティ、コンバージョン、配信が
一度に向上

安全なコードを使用したリアルタイムの電話統合によるスムーズなメッセージ送信を示した図。

リスクや不正行為の削減

信頼性の高い電話インテリジェンスデータで,不正行為を防ぎます。Lookup APIは、リアルタイムのリスク警告を使用して不正行為を検知し、必要に応じてステップアップした認証を開始します。電話番号の有効性は、回線種別(携帯電話、固定電話、VoIP、使い捨て番号など)を識別して判断します。不正なSIMスワップや偽アカウントは遮断し、大規模顧客対応の安全性を確保します。

  • Twilio VerifyやProgrammable Messagingなどとの統合により、オンボーディング、エンゲージメント、サポートの安全性を確保します。
  • リスクの原因をリアルタイムで特定するため、複数のソースからデータパッケージをリクエストし、速度を落とすことなく精度とフィルレートを保ちます。
  • アカウントを保護するため、スロットリングをゼロにする高スループットを実現するとともに、コンタクトリストとメッセージの量に応じたレイテンシーチェックを実行します。
  • Node.js
  • C#
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • Java
  • curl
  • twilio-cli
//Downloadthehelperlibraryfromhttps://www.twilio.com/docs/node/install//FindyourAccountSIDandAuthTokenattwilio.com/console//andsettheenvironmentvariables.Seehttp://twil.io/secureconstaccountSid=process.env.TWILIO_ACCOUNT_SID;constauthToken=process.env.TWILIO_AUTH_TOKEN;constclient=require('twilio')(accountSid,authToken);client.lookups.v2.phoneNumbers('+447772000001').fetch({fields:'sim_swap'}).then(phone_number=>console.log(phone_number.callerName));
// Install the C# / .NET helper library from twilio.com/docs/csharp/installusingSystem;usingTwilio;usingTwilio.Rest.Lookups.V2;classProgram{staticvoidMain(string[]args){// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/securestringaccountSid=Environment.GetEnvironmentVariable("TWILIO_ACCOUNT_SID");stringauthToken=Environment.GetEnvironmentVariable("TWILIO_AUTH_TOKEN");TwilioClient.Init(accountSid,authToken);varphoneNumber=PhoneNumberResource.Fetch(fields:"sim_swap",pathPhoneNumber:"+447772000001");Console.WriteLine(phoneNumber.CallerName);}}
<?php// Update the path below to your autoload.php,// see https://getcomposer.org/doc/01-basic-usage.mdrequire_once'/path/to/vendor/autoload.php';useTwilio\Rest\Client;// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/secure$sid=getenv("TWILIO_ACCOUNT_SID");$token=getenv("TWILIO_AUTH_TOKEN");$twilio=newClient($sid,$token);$phone_number=$twilio->lookups->v2->phoneNumbers("+447772000001")->fetch(["fields"=>"sim_swap"]);print($phone_number->callerName);
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/ruby/installrequire'rubygems'require'twilio-ruby'# Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console# and set the environment variables. See http://twil.io/secureaccount_sid=ENV['TWILIO_ACCOUNT_SID']auth_token=ENV['TWILIO_AUTH_TOKEN']@client=Twilio::REST::Client.new(account_sid,auth_token)phone_number=@client.lookups.v2.phone_numbers('+447772000001').fetch(fields:'sim_swap')putsphone_number.caller_name
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/python/installimportosfromtwilio.restimportClient# Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console# and set the environment variables. See http://twil.io/secureaccount_sid=os.environ['TWILIO_ACCOUNT_SID']auth_token=os.environ['TWILIO_AUTH_TOKEN']client=Client(account_sid,auth_token)phone_number=client.lookups \ .v2 \ .phone_numbers('+447772000001') \ .fetch(fields='sim_swap')print(phone_number.caller_name)
// Install the Java helper library from twilio.com/docs/java/installimportcom.twilio.Twilio;importcom.twilio.rest.lookups.v2.PhoneNumber;publicclassExample{// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/securepublicstaticfinalStringACCOUNT_SID=System.getenv("TWILIO_ACCOUNT_SID");publicstaticfinalStringAUTH_TOKEN=System.getenv("TWILIO_AUTH_TOKEN");publicstaticvoidmain(String[]args){Twilio.init(ACCOUNT_SID,AUTH_TOKEN);PhoneNumberphoneNumber=PhoneNumber.fetcher("+447772000001").setFields("sim_swap").fetch();System.out.println(phoneNumber.getCallerName());}}
curl -X GET 'https://lookups.twilio.com/v2/PhoneNumbers/+447772000001?Fields=sim_swap'\-u $TWILIO_ACCOUNT_SID:$TWILIO_AUTH_TOKEN
# Install the twilio-cli from https://twil.io/cli twilio api:lookups:v2:phone-numbers:fetch \ --phone-number +447772000001 \ --fields sim_swap

コンバージョン向上

オンボーディングの合理化とパーソナライズが、コンバージョン率を向上させます。ユーザーの入力に依存しないパッシブ認証がTwilioのLine Type Intelligenceにより可能になります。このスムーズな機能が、顧客離れを防ぎ、コンバージョンを促し、Twilioのオンボーディングソリューションやエンゲージメントソリューションとの統合を容易にします。

  • データ信号を複数のソースにリアルタイムでリクエストし、速度を落とすことなく優れた精度とフィルレートを実現します。
  • Twilioのキャリアパートナーシップと最大規模のSIMスワップデータネットワークを通じて、世界中の顧客にリーチします。
  • データ信号からインサイトを獲得し、マーケティングの強化や主要メトリックスの改善を図り、自信の持てるビジネス判断を行えるようサポートします。
  • Node.js
  • C#
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • Java
  • curl
  • twilio-cli
//Downloadthehelperlibraryfromhttps://www.twilio.com/docs/node/install//FindyourAccountSIDandAuthTokenattwilio.com/console//andsettheenvironmentvariables.Seehttp://twil.io/secureconstaccountSid=process.env.TWILIO_ACCOUNT_SID;constauthToken=process.env.TWILIO_AUTH_TOKEN;constclient=require('twilio')(accountSid,authToken);client.lookups.v2.phoneNumbers('+14159929960').fetch({fields:'line_type_intelligence'}).then(phone_number=>console.log(phone_number.callerName));
// Install the C# / .NET helper library from twilio.com/docs/csharp/installusingSystem;usingTwilio;usingTwilio.Rest.Lookups.V2;classProgram{staticvoidMain(string[]args){// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/securestringaccountSid=Environment.GetEnvironmentVariable("TWILIO_ACCOUNT_SID");stringauthToken=Environment.GetEnvironmentVariable("TWILIO_AUTH_TOKEN");TwilioClient.Init(accountSid,authToken);varphoneNumber=PhoneNumberResource.Fetch(fields:"line_type_intelligence",pathPhoneNumber:"+14159929960");Console.WriteLine(phoneNumber.CallerName);}}
<?php// Update the path below to your autoload.php,// see https://getcomposer.org/doc/01-basic-usage.mdrequire_once'/path/to/vendor/autoload.php';useTwilio\Rest\Client;// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/secure$sid=getenv("TWILIO_ACCOUNT_SID");$token=getenv("TWILIO_AUTH_TOKEN");$twilio=newClient($sid,$token);$phone_number=$twilio->lookups->v2->phoneNumbers("+14159929960")->fetch(["fields"=>"line_type_intelligence"]);print($phone_number->callerName);
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/ruby/installrequire'rubygems'require'twilio-ruby'# Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console# and set the environment variables. See http://twil.io/secureaccount_sid=ENV['TWILIO_ACCOUNT_SID']auth_token=ENV['TWILIO_AUTH_TOKEN']@client=Twilio::REST::Client.new(account_sid,auth_token)phone_number=@client.lookups.v2.phone_numbers('+14159929960').fetch(fields:'line_type_intelligence')putsphone_number.caller_name
# Download the helper library from https://www.twilio.com/docs/python/installimportosfromtwilio.restimportClient# Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console# and set the environment variables. See http://twil.io/secureaccount_sid=os.environ['TWILIO_ACCOUNT_SID']auth_token=os.environ['TWILIO_AUTH_TOKEN']client=Client(account_sid,auth_token)phone_number=client.lookups \ .v2 \ .phone_numbers('+14159929960') \ .fetch(fields='line_type_intelligence')print(phone_number.caller_name)
// Install the Java helper library from twilio.com/docs/java/installimportcom.twilio.Twilio;importcom.twilio.rest.lookups.v2.PhoneNumber;publicclassExample{// Find your Account SID and Auth Token at twilio.com/console// and set the environment variables. See http://twil.io/securepublicstaticfinalStringACCOUNT_SID=System.getenv("TWILIO_ACCOUNT_SID");publicstaticfinalStringAUTH_TOKEN=System.getenv("TWILIO_AUTH_TOKEN");publicstaticvoidmain(String[]args){Twilio.init(ACCOUNT_SID,AUTH_TOKEN);PhoneNumberphoneNumber=PhoneNumber.fetcher("+14159929960").setFields("line_type_intelligence").fetch();System.out.println(phoneNumber.getCallerName());}}
curl -X GET 'https://lookups.twilio.com/v2/PhoneNumbers/+14159929960?Fields=line_type_intelligence'\-u $TWILIO_ACCOUNT_SID:$TWILIO_AUTH_TOKEN
# Install the twilio-cli from https://twil.io/cli twilio api:lookups:v2:phone-numbers:fetch \ --phone-number +14159929960 \ --fields line_type_intelligence

メッセージの配信到達性の向上

配信率の向上とコスト削減をTwilioのリアタイム電話番号検証により実現します。電話番号の正当性を送信前に確認し、携帯電話番号を使い捨てのVoIPや固定電話と区別します。さらに、正しい電話番号形式であることを検証して、配信エラーを減少させます。

  • Twilio VerifyやProgrammable Messagingとの統合により、マーケティングやコンタクトセンターのエンゲージメントを保護します。
  • SOC2 Type 2などの世界的なメッセージング規制を遵守し、最適な配信を実現するとともに、データレジデンシーの管理を強化します。
  • アカウントを保護するため、スロットリングをゼロにする高スループットを実現するとともに、コンタクトリストとメッセージの量に応じたレイテンシーチェックを実行します。

ユースケース

最新の電話インテリジェンスを
大規模に導入

Lookup API distinguishing a mobile number from a landline to optimize SMS deliverability.

メッセージの配信到達性の向上

配信エラーは、リアルタイムコミュニケーションを求めるユーザーを失望させます。コンタクト率の向上は、送信前の番号検証により実現します。キャリアデータを使用すると、携帯電話番号と固定電話番号を区別し、電話番号のフォーマットを正し、SMSルーティングを最適化できます。

Lookup API identifying inbound callers associated with phone numbers.

メッセージングと音声通話のパーソナライズ

パーソナライズは、高品質な顧客体験を実現する鍵です。世界中の発信者を電話番号に関連付けた名前で判断し、SMSや音声通話によるエンゲージメントをパーソナライズすると、あらゆる規模のマーケティングを強化できます。

Lookup API accessing real-time user signals such as phone line type to stop fraud.

データとリスクモデルの強化

企業は顧客データを使用してユーザープロファイルを補強し、リスクを把握します。ユーザーの回線種別、使用しているSIM、接続ステータス、キャリアなどのデータにリアルタイムでアクセスできると、リスクモデルを改善し、コンタクトリストの無駄をなくし、ビジネスにおいてより正確な意思決定を行えます。

Lookup API showing phone data signals to reveal fraudulant accounts.

偽アカウントと乗っ取りの軽減

SIMスワップの不正や、偽アカウント、アカウントの乗っ取り、プロモーションの不正使用の防止は、ビジネスにおいて優先事項です。乗っ取りは、不正な電話番号によるリスクを判断し、阻止します。偽アカウントは、Line Type Intelligenceを通じて不審な仮想電話番号を遮断し、軽減します。

機能

リアルタイムのインサイトを通じ
信頼関係を構築

  • フォーマットと検証

    電話番号の検証と再フォーマットを自動的に行い、国内と世界のダイヤル標準に従うことにより、配信到達性を最適化します。

  • 発信者名

    発信者を特定し、認証済みの発信者名または企業名を使用してアウトリーチをパーソナライズすると、コンバージョン、セキュリティ、顧客体験が向上します。(米国のみで提供)。

  • Line Type Intelligence

    Identify the carrier and phone line type from mobile, landline, fixed VoIP, non-fixed VoIP, toll free, and more to mitigate fake accounts, scrub contact lists, and improve deliverability.

  • SIMスワップ

    SIM変更のタイムスタンプや日付からSIMスワップを検知し、不正行為やアカウントの乗っ取りを防きます。さらに、設定可能なリスク耐性機能により、正確なモデリングとメトリックスを実現します。

  • 通話転送

    音声チャネルの侵害やリスクのある電話番号を特定するため、携帯電話番号の通話転送ステータスにリアルタイムでアクセスします(英国のみで提供)。

messaging-customer-quote-portrait.png

「Twilioで信頼性の問題が発生したことはありません。これは、拡張性に優れているからだと思います。当社が導入しているTwilio製品すべてに言えます」

Marcelo Oliviera氏, エンジニアリング担当VP、Luma Health

料金

エンゲージメントソリューションを
単一APIのシームレスなセキュリティで強化

Twilioにサインアップしてください。契約せずに無料で使用し始めることができます。利用した分のみをお支払いいただく、柔軟な従量課金制を採用しています。