You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Menu

Expand
このページを評価:

Programmable SMS Pythonクイックスタート

Ahoy there!Twilioのメッセージングチャネルを使用して転送されるすべてのメッセージングは、アプリケーション対個人メッセージング(A2P)として処理され、Twilioのメッセージポリシーの対象になります。Twilioのサービスを使用する間、遵守しなければならないポリシールールの詳細については、サービス利用ポリシーを参照してください。

わずか数行のコードにより、PythonアプリケーションからTwilio Programmable MessagingのSMSメッセージを発信できます。

このProgrammable Messagingクイックスタートは、Twilioアカウントの設定から、Messaging Serviceを使用したSMSの送信まで、全工程をステップごとに説明します。

このクイックスタートでは、以下について説明します。

  • Twilioにサインアップし、SMS対応のTwilioの電話番号を取得する
  • メッセージを送信するための開発環境を設定する
  • SMSを送信してみる
  • Twilio Messaging Serviceを設定する
  • Messaging Serviceから2番目のSMSを送信する

このクイックスタートを終えた頃には、TwilioのProgrammable Messagingを使用し、お客様特有のユースケース向けに機能を構築、拡張するための基礎が身につきます。

どうなるか確認しましょう

Twilioにサインアップまたはサインインする

すでにTwilioアカウントをお持ちですか。その場合はこのセクションを省略できます。

無料のTwilioトライアルアカウントを取得するには、こちらからサインアップしてください。

  • サインアップの際に、お客様個人の電話番号を確認させていただきます。これにより、Twilioがお客様を確認することができ、お客様はトライアルモード中にTwilioアカウントからご自身の電話にテストメッセージを送信することができます。
  • 電話番号の確認を終えると、設定をカスタマイズするための一連の質問があります。
  • 登録フローを終えると、Twilio Consoleにプロジェクトダッシュボードが表示されます。このダッシュボードを使用し、アカウントSID、認証トークン、Twilio電話番号などにアクセスできます。
アカウントを取得しました。次のステップ

Twilio CLIをインストールする

いくつかのタスクでTwilio CLI(コマンドラインインターフェイス)を使用するため、次にTwilio CLIをインストールします。

macOSにtwilio-cliをインストールするための推奨される方法は、Homebrewを使用することです。インストールがお済みでない場合は、Homebrewサイトに進み、インストールを実行後、本ページにお戻りください。

Homebrewをインストールした後、次のコマンドを実行しtwilio-cliをインストールします。

brew tap twilio/brew && brew install twilio

twilio-cliをインストールするための推奨される方法は、Windows向けコマンドラインインストーラーであるScoopを使用することです。インストールがお済みでない場合は、Scoopサイトに進み、インストール手順を実行後、本ページにお戻りください。

注記: Scoop経由でインストールする際、一般的なアクセス許可の問題を回避するには、PowerShellを管理者として実行する必要があります。

  1. 次のtwilio-cliバケットを追加します。
    scoop bucket add twilio-scoop https://github.com/twilio/scoop-twilio-cli
  2. 次のアプリをインストールします。
    scoop install twilio

twilio-cliは、Advanced Package Tool(apt)を使用し、Debian、Ubuntu、Linux Mintなどのほとんどのディストリビューションにインストールできます。

これを行うには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

wget -qO- https://twilio-cli-prod.s3.amazonaws.com/twilio_pub.asc \
  | sudo apt-key add -
sudo touch /etc/apt/sources.list.d/twilio.list
echo 'deb https://twilio-cli-prod.s3.amazonaws.com/apt/ /' \
  | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/twilio.list
sudo apt update
sudo apt install -y twilio

その他のインストール方法については、twilio-cliクイックスタートをご覧ください。

twilio loginを実行し、Twilio CLIをアカウントに接続します。https://www.twilio.com/consoleにアクセスし、CLIに入力するための固有アカウントSIDと認証トークンを確認します。

「目」のアイコンをクリックすると、認証トークンが表示されます。

Reveal Your Auth Token

次は電話番号を取得します...

電話番号を取得する

SMS機能付きのTwilioの電話番号をお持ちではない場合は、ご購入いただく必要があります。CLIを使用し次を実行します。

twilio phone-numbers:buy:local --country-code US --sms-enabled

米国以外の電話番号を使用する場合は、USをご希望のISO-3166-1国コードに置き換えます。SMS対応の番号が見つからない場合は、固定電話番号の代わりに携帯電話番号を探してみてください。twilio phone-numbers:buy:mobile --country-code DE --sms-enabled

アカウントに追加する電話番号を選択します。

次に、PythonとTwilio Pythonヘルパーライブラリーをインストールします。

OKです。セットアップの手順を確認します。

PythonとTwilioヘルパーライブラリーをインストールする

他のPythonのクイックスタートのいずれかをすでに終えており、PythonとTwilio Pythonヘルパーライブラリーがインストールされている場合は、このステップを省略し、最初のテキストメッセージの送信に進んでください

初めてのSMSを送信するには、PythonとTwilio Pythonヘルパーライブラリーをインストールしておく必要があります。

Pythonをインストールする

MacマシンまたはLinuxマシンをご使用の場合には、Pythonがすでにインストールされている可能性があります。ターミナルを開き、以下のコマンドを実行することで確認できます。

python --version

次のように表示されます。

$ python --version
Python 3.4

Windowsのユーザーは、このWindowsにPythonをインストールする優れたチュートリアル、またはPythonのドキュメントにある手順ご覧ください。

TwilioのPythonサーバー側SDKは、Python 2とPython 3の両方をサポートしています。このクイックスタートのどちらのバージョンでもご使用いただけますが、プロジェクトがPython 2のみとの互換性を持つ特殊なライブラリーを必要とするのでなければ、今後のTwilioのプロジェクトではPython 3を使用することをお勧めします。

Twilio Pythonサーバー側SDKをインストールする

ライブラリーをインストールするには、pipを利用するのが最も簡単な方法です。必要なライブラリーを簡単にインストールできる、Python用のパッケージマネージャーです。以下をターミナルで実行します。

pip install twilio

pip: command not foundエラーが表示された場合には、ターミナルで以下を実行し、easy_installを使用することもできます。

easy_install twilio

手動インストールをご希望の場合には、twilio-pythonソースコード(ZIP)をダウンロードし、下記を実行しライブラリーをインストールします。

python setup.py install

これは、twilio-pythonサーバー側SDKライブラリーコードが含まれるフォルダ中で実行します。

完了です。テキストメッセージを送信しましょう。

Pythonを使用しSMSメッセージを送信する

Pythonとtwilio-pythonをインストールできたため、たった1つのAPIリクエストで、購入したTwilioの電話番号からテキストメッセージを送信できるようになりました。send_sms.pyという新しいファイルを作成します。このファイルを開き、コードサンプルを入力するか、貼り付けます。

        
        
        
        このコードにより、Messageリソースの新しいインスタンスを作成し、MessagesリソースURIにHTTP POSTを送信できます。

        Twilioを使用しSMSを送信する

        このコードにより、Messageリソースの新しいインスタンスを作成し、MessagesリソースURIにHTTP POSTを送信できます。

        メッセージを送信する前に、send_sms.pyファイルをもう少し編集する必要があります。

        プレースホルダの認証情報値を置き換える

        account_sidauth_tokenのプレースホルダ値を、ご自身のTwilio認証情報に置き換えます。https://www.twilio.com/consoleに移動し、ログインします。このページでは、お客様固有のアカウントSIDと認証トークンを確認できます。この作業は、今回のようにTwilio Clientによりメッセージを送信する際に必要となります。[view](表示)リンクをクリックすると、認証トークンが表示されます。

        Reveal your Auth Token in the Twilio Console

        send_sms.pyを開き、account_sidauth_tokenの値をご自身の固有の値に置き換えます。

        注意: 最初は認証情報を直接コードに埋め込んでも問題ありませんが、本番環境にデプロイするまでには、必ず環境変数を使用し、認証情報を保護してください。詳細については、環境変数の設定方法をご覧ください。

        from_の電話番号を置き換える

        数分前に購入したSMS対応の電話番号を覚えていますか。入力されているfrom_の番号を、その番号に置き換えます。必ずE.164形式を使用してください。

        [+][国コード][エリアコードを含む電話番号]

        toの電話番号を置き換える

        toの電話番号をご自身の携帯電話番号に置き換えます。テキストメッセージを受信できる電話番号であればどの番号でも構いませんが、たった1つのAPIリクエストが起こすマジックを体験するために、ご自身の番号を使用することをお勧めします。上記のように、この値にはE.164形式を使用します。

        Twilioのトライアルアカウントを使用している場合は、Twilioにより確認された電話番号のみにSMSメッセージを送信することができます。電話番号は、Twilio Consoleの認証済み発信者IDにより認証できます。

        無料トライアルの電話番号からSMSを送信する場合には、常に「Sent from a Twilio trial account.」(Twilioのトライアルアカウントから送信されました。)と表示されます。お客様がアップグレードすると、このメッセージは表示されなくなります。

        変更内容を保存し、ターミナルからこのスクリプトを実行します。

        python send_sms.py

        これで完了です。すぐに、Twilioの電話番号から、携帯電話にSMSが到着するはずです。

        顧客がアメリカやカナダにいる場合は、わずか1行のコードを追加するだけで、顧客にMMSメッセージを送信することもできます。その方法については、こちらのMMS送信ガイドをご覧ください。

        このコードサンプルでは、Programmable Messaging APIのMessageエンドポイントにPOSTリクエストを実行し、新しい送信用メッセージを作成します。ここではtwilio-pythonライブラリー内蔵のcreateメソッドを使用しますが、Twilio CLI(インストール済み)、curl、またはご希望のリクエストモジュールでこのリクエストを実行することもできます。

        Twilio CLIとcurlによりSMSを送信するコードサンプルをご覧ください。bodytofromパラメーターを必ず更新してください。

              
              
              
              このコードサンプルはTwilio CLIを使用し、Messageリソースにリクエストを行います

              Twilio CLIを使用し、SMSを送信する

              このコードサンプルはTwilio CLIを使用し、Messageリソースにリクエストを行います
                    
                    
                    
                    このコードサンプルはcurlを使用し、Messageリソースにリクエストを行います

                    curlを使用し、SMSを送信する

                    このコードサンプルはcurlを使用し、Messageリソースにリクエストを行います
                    メッセージが届きました。次のステップ

                    Twilio Messaging Serviceを設定する

                    おめでとうございます。Twilio Programmable Messagingを使いSMSを送信し、お使いのデバイスで受信できました。

                    Twilioの電話番号を取得し、その番号からSMSを送信することもできました。近いうちに、以下のような、高度なメッセージ送信機能が必要になるはずです。

                    • 短時間に多くのメッセージを送信する
                    • オプトインとオプトアウトを処理する
                    • 顧客が常に、同じ電話番号で一貫したメッセージサービスを受けられるようにする

                    クイックスタートの次のパートでは、Messaging Serviceを設定する方法を説明します。Messaging Serviceとは、使用できる電話番号(とその他の送信者)をすべて格納しておくコンテナとして考えることができ、メッセージングに必要な機能が付属しています。

                    お使いの電話番号にMessaging Serviceを作成する

                    以下のTwilio CLIコマンドを実行することにより、Messaging Serviceを作成し、Programmable SMSの送信に利用することができます。

                    twilio api:messaging:v1:services:create --friendly-name "My first Messaging Service"

                    Messaging Service SID(「MGXXX...」で始まる)をメモしておいてください。これは次のメッセージを送信する際に必要になります。

                    次に、購入した電話番号を追加します。もう忘れてしまいましたか?心配は不要です。Twilio CLIでリストできます。

                    twilio phone-numbers:list
                    # Grab the SID ("PNXXXX...") of your number

                    以下のコマンドを使用し、新しく作成したMessaging Serviceに電話番号を追加します。

                    twilio api:messaging:v1:services:phone-numbers:create --service-sid MGXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX --phone-number-sid PNXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
                    
                    サービスから送信する準備ができました。

                    Messaging ServiceからSMSを送信する

                    Messaging ServiceからSMSを送信することは、個々のTwilioの電話番号から送信することに似ています。主な違いは、from_パラメーターをmessaging_service_sidに置き換え、Messaging Serviceの送信者番号プールにある電話番号から送信していることを示すことです。(現在、送信者番号プールにある電話番号は1つのみのため、その番号から送信します。)

                          
                          
                          
                          このコードは、messaging_service_sidパラメーターを使用し、Messageリソースの新しいインスタンスを作成します

                          Messaging Serviceを使用しSMSを送信する

                          このコードは、messaging_service_sidパラメーターを使用し、Messageリソースの新しいインスタンスを作成します

                          messaging_service_sidパラメーターを置き換える

                          作成したばかりのMessaging Serviceを覚えていますか?from_パラメーターと電話番号の代わりに、messaging_service_sidパラメーターとMessaging Service SIDの「MGXXXX...」を使用します。変更内容を保存し、ターミナルからこのスクリプトを実行します。

                          python send_sms.py

                          これにより、Twilio Messaging Serviceを使用し、SMSを送信できます。数秒以内に、Twilioの電話番号から、2番目のSMSがお使いの電話に届きます。Messaging Serviceは、送信者番号プールからシームレスにお客様の電話番号を選択し、2番目のメッセージを送信しました。

                          うまくいきました。完了 - 次のステップ

                          次のステップ

                          これでSMSメッセージを送信することができました。次にTwilioのメッセージングの詳細に関し、以下のリソースもご覧ください。

                          お客様の成功が私たちの喜びです。

                          このページを評価:

                          サポートが必要ですか?

                          コーディングに関するご質問、ご不明点等ございましたら、お問い合わせからご連絡いただくか、TwilioのStack Overflow Collectiveにアクセスいただくか、Stack OverflowサイトでTwilioタグを検索してください。

                                
                                
                                

                                フィードバックいただき、ありがとうございました。

                                フィードバックいただいた理由を選択してください。その他、ご意見をいただければ、今後のドキュメントの改善に役立てさせていただきます。

                                フィードバックを送信中...
                                🎉 フィードバックいただき、ありがとうございました。
                                何らかの問題が発生しました。もう一度試してください。

                                フィードバックいただき、ありがとうございました。

                                thanks-feedback-gif